癌、難病、精神病のことなら、名古屋を中心に愛知 岐阜 三重県で評判の気功治療院

癌、難病、精神疾患、慢性病、原因不明の症状(自律神経失調症など)でお悩みのあなたへ、解決方法があります

営業時間10時~20時(予約制)
0567-74-3831
愛知三重の気功治療院|アルツハイマー病(AD)にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

愛知三重の気功治療院|アルツハイマー病(AD)にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県弥富市の「ながらがわ気功院」はアルツハイマー病(AD)の気功治療を行ないます

アルツハイマー病は、脳の神経原性線維の変化により神経細胞が減少し、脳が委縮していくことで、記憶や感情に障害が出てきます。初期のころは、物忘れ、物の位置がわからなくなる、仕事でミスをしたりします。また無気力やうつや急に不機嫌になったり、進行するに従い、幻覚、妄想、徘徊、不眠、失禁などが表れ、末期には寝たっきりになります。

ながらがわ気功院では、前頭葉と頭部全体にコロナという技法を用いて気功治療を行ないます。施術内容は次の通りです。

1.コロナという技法で、前頭葉、頭全体に気を作用させマイナスの気を取ります。
2.血流のカイロという技法で、頭全体の血流をあげるように気を作用させます。
3.筋力UPのカイロという技法で、前頭葉、後頭部(視床、視床下部、海馬)の筋力を上げるように気を作用させます。
4.透析いう技法で、血中のコロイド物質を浄化するように気を作用させ 、アルツハイマー病を改善していきます。

施術の目安は、月1~2回、すでにボケているときは週1回。軽症は6カ月くらい、重症となると1年~2年。

« »

まずは、お電話を!