癌、難病、精神病のことなら、名古屋を中心に愛知 岐阜 三重県で評判の気功治療院

癌、難病、精神疾患、慢性病、原因不明の症状(自律神経失調症など)でお悩みのあなたへ、解決方法があります

営業時間10時~20時(予約制)
0567-74-3831
愛知三重の気功治療院|腰痛にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

愛知三重の気功治療院|腰痛にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県弥富市の「ながらがわ気功院」は腰痛の気功治療を行ないます

腰痛は、骨の異常などの明らかな原因がないのに、腰部に限局した痛みやだるさを伴う状態です。運動不足、肥満、姿勢異常、一定の姿勢をとり続ける、腰に急激な負荷がかかるなどが引き金となって、仙腸関節の炎症や、腰部の筋肉や靭帯が硬くなったり弱くなったり、傷ついたりして起きます。急性(ぎっくり腰)と慢性があります。

ながらがわ気功院では、コロナとカイロという技法を中心に気功治療を行ない、痛みを改善して行きます。その際、痛みの状態をできるだけ詳しくお聞きし、腰痛に使う約10種類の技術のどれが最適なのかを選択します。施術内容は次の通りです。

<急性の場合1(ぎっくり腰を起こし痛みが非常に強く動かせない状態)>
1.コロナという技法で、痛みのある部分に気を作用させマイナスの気を取ります。
2.止めのカイロという技法で、痛みのある部分を止めるように気を作用させ、痛みを改善していきます。

<急性の場合2(数日後、痛みが落ち着いてきて腰が伸ばせる状態)>
1.コロナという技法で、痛みのある部分に気を作用させマイナスの気を取ります。
2.止めのカイロという技法で、痛みのある部分を止めるように気を作用させます。
3.血流のカイロという技法で、痛みのある部分の血流を上げるように気を作用させます。
4.筋力UPのカイロという技法で、痛みのある部分と背筋の筋力を上げるように気を作用させ、痛みを改善していきます。

<慢性の場合>
1.コロナという技法で、痛みのある部分に気を作用させマイナスの気を取ります。
2.止めのカイロという技法で、痛みのある部分を止めるように気を作用させます。
3.筋力UPのカイロという技法で、痛みのある部分の筋力を上げるように気を作用させます。
4.腰椎バランス、正中線、脊椎調整、股関節調整、腰椎調整、脊椎バランスなどの技法を駆使して、痛みを改善していきます。

施術回数の目安は、急性と慢性、状態によってさまざまです。急性で軽症の場合は5回くらいで良くなりますが、慢性で重症となると2年くらいかかることもあります。

« »

まずは、お電話を!