癌、難病、精神病のことなら、名古屋を中心に愛知 岐阜 三重県で評判の気功治療院

癌、難病、精神疾患、慢性病、原因不明の症状(自律神経失調症など)でお悩みのあなたへ、解決方法があります

営業時間10時~20時(予約制)
0567-74-3831
愛知三重の気功治療院|高尿酸血症と痛風にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

愛知三重の気功治療院|高尿酸血症と痛風にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県弥富市の「ながらがわ気功院」は高尿酸血症の気功治療を行ないます

高尿酸血症は、血液や組織の中に余分な尿酸が増えた結果、尿酸が関節内で結晶となります。痛風は、この結晶を白血球が除去しようとして炎症が生じたもので、急激な関節の痛みが起こります。ほとんど8割が足の親指の付け根の痛みです。その他に腰痛や下腹部痛があります。原因不明なものがほとんどです。環境要因として、食事中のプリン体(尿酸を作るもとの物質)やアルコールや肉類の摂り過ぎです。合併症としては、尿毒症、腎障害があります。

ながらがわ気功院では、痛みの箇所と心臓にコロナという技法を用いて気功治療を行ないます。施術内容は次の通りです。

1.コロナという技法で、痛みの箇所(親指の付け根など)と心臓に気を作用させマイナスの気を取ります。
2.透析いう技法で、血中のコロイド物質を浄化するように気を作用させ ます。
3.コロナという技法で、腎臓に気を作用させマイナスの気を取り、高尿酸血症を改善していきます。

施術の目安は、週1回、6カ月~1年でほとんど痛みが取れます。

« »

まずは、お電話を!