癌、難病、精神病のことなら、名古屋を中心に愛知 岐阜 三重県で評判の気功治療院

癌、難病、精神疾患、慢性病、原因不明の症状(自律神経失調症など)でお悩みのあなたへ、解決方法があります

営業時間10時~20時(予約制)
0567-74-3831
愛知三重の気功治療院|潰瘍性大腸炎にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

愛知三重の気功治療院|潰瘍性大腸炎にお悩みの名古屋・四日市・桑名・愛西・津島・弥富・蟹江の方

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県弥富市の「ながらがわ気功院」は潰瘍性大腸炎の気功治療を行ないます

潰瘍性大腸炎とは、30歳以下の成人に多くみられ、直腸から結腸の粘膜、粘膜下層を侵されるびまん性(病変がはっきりと限定することができずに広範囲に広がっている状態)の難治性炎症性腸疾患です。主症状は、持続性または反復性の粘血便、血性下痢、腹痛、発熱がみられます。重症化するほど頻回の排便、血性下痢、貧血などを始めとしてさまざまな全身症状を示します。

ながらがわ気功院では、コロナという技法とカイロという技法を中心に施術を行ないます。

<下血がある場合>
1.コロナという技法で、大腸に発生しているマイナスの気を取ります。
2.面のカイロ、立体のカイロ、筋力UPのカイロ、ステロイドのカイロという技法で、大腸に気を作用させ、活性化をします。

<痛みの強い場合>
1.コロナという技法で、大腸に発生しているマイナスの気を取ります。
2.血流のカイロ、止めのカイロ、ステロイドのカイロという技法で、大腸に気を作用させ、痛みを止めます。

<下痢が止まらない場合>
1.コロナという技法で、大腸に発生しているマイナスの気を取ります。
2.血流のカイロ、筋力UPのカイロという技法で、大腸に気を作用させ、活性化します。
3.神経線という技法で、神経のバランスを整えます。

« »

まずは、お電話を!