癌、難病、精神病のことなら、名古屋を中心に愛知 岐阜 三重県で評判の気功治療院

癌、難病、精神疾患、慢性病、原因不明の症状(自律神経失調症など)でお悩みのあなたへ、解決方法があります

営業時間10時~20時(予約制)
0567-74-3831
最新医療情報

なぜ乳がん検診に痛いマンモが使われるのか?|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

マンモグラフィーが乳がんの集団検診に使われるのは有効性が高いため

20130617095459

乳がん検診は、40歳以上の女性は2年に1回受けるように国が勧めている検診です。

この検診方法はマンモグラフィーというエックス線撮影検査を行ないます。マンモグラフィーは科学的根拠があり有効性が高いという理由で、国から推奨を受け、集団検診で使用されています。ただ、乳房をはさんで圧迫するため痛みを感じる人が多いという課題をもっています。

そこで、マンモグラフィー以外の痛くない検診方法を調べてみました。

一つ目は、超音波(エコー)検診です。治療の必要がない病変を検診で拾い上げすぎるため、診断技術の高い検査技師や医師の育成が必要です。さらに検診を行うための体制作りが整っていません。

二つ目は、磁気共鳴画像(MRI)検診です。MRI施設が少なく検診の体制が整っていません。高額な費用がかかり、治療の必要がない病変を検診で拾い上げすぎるため、不要な検査が増えてしまうなど不利益なことが多くなります。

三つ目は、陽電子放射断層撮影(PET)検診です。早期の乳がんや特殊な乳がんの一部は検出できないことがあり、わずかに放射線被曝をします。

参考:日本乳癌学会「乳がん検診について教えてください」

以上、痛くはないという利点はあるものの、問題点もあるようです。

ながらがわ気功院では、乳がんの気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

IMG_NEW_0003 - コピー

ながらがわ気功院の気功は、疾患部に発生しているマイナスの気を取り除くことで、病気を改善していく治療法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■□■ 下記の症状や病気の方も相談受付をしています。ほとんどの症状や病気に施術可能です。

【頭部】頭痛、認知症、てんかん、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、パーキンソン症候群、くも膜下出血、顔面神経麻痺、三叉神経痛、アルツハイマー病など

【目・耳】眼精疲労、仮性近視、白内障、めまい、緑内障、ドライアイ、突発性難聴、耳鳴り、メニエール病、網膜剥離、中耳炎など

【鼻やのど】アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嚥下障害など

【気管支や肺など呼吸器】肺気腫、気管支ぜんそく、気管支炎、睡眠時無呼吸症候群など

【心臓血管系】狭心症、心筋症、心筋梗塞、不整脈、高血圧、低血圧、大動脈瘤、静脈瘤、高尿酸値症、高脂血症など

【消化器系】逆流性食道炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃痛、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍、便秘症、下痢、胃がん、大腸がん、直腸がんな【肝臓や胆のうやすい臓】急性肝炎、胆石症、慢性膵炎、糖尿病、肝硬変、肝臓がん、胆のうがん、膵がんなど

【腎臓や前立腺や膀胱】ネフローゼ症候群、腎結石、腎不全、前立腺肥大、頻尿、尿失禁、腎がん、慢性腎炎、膀胱がんなど

【整形系】肩こり、むちうち、四十肩、五十肩、腱鞘炎、捻挫、坐骨神経痛、側弯症、顎関節症、腰痛、骨粗鬆症、手足のしびれ、頚部・腰部・ひざの痛みなど

【婦人科系】 生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、乳がん、子宮頸がん、子宮体がんなど

【心療内科系】 不眠、躁うつ病、統合失調症、自律神経失調症など

【予防】 脳梗塞・心筋梗塞・認知症の病気予防、がん再発予防、健康維持など

【その他】 慢性疲労症候群、風邪症候群、リウマチ、膠原病、貧血、甲状腺機能障害、更年期障害、不妊症、勃起不全、薬の副作用、末期がんの痛みなど

※なかでも「心臓血管系」「心療内科系」の病気は高い改善率を誇っています。
(×施術できない病気……緊急を要する疾患/外傷系の疾患/感染する病気(インフルエンザ、はやり目、風疹など)/風土病など)

■□■来院対象エリア
【愛知県】
名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村
【岐阜県】
岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、岐南町、笠松町、養老町、垂井町、関ヶ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、北方町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町、白川村
【三重県】
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市、多気町、明和町、大台町、伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、南伊勢町、大紀町、伊賀市、名張市、尾鷲市、紀北町、熊野市、御浜町、紀宝町

癌の新治療法”がん光治療”|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

がん光治療とは、近赤外光を当ててガン細胞を破壊する新たなガン治療法です

roujin_xsen_chiryou

この治療法は、米国立衛生研究所の小林久隆主任らが開発したものです。

ガン細胞に近赤外光と化学反応を起こす化学物質を付けた薬剤を患者に注射し、そこへ近赤外光を当てると、薬剤の化学反応によってガン細胞が破壊されるという仕組みです。

手術や放射線治療、抗がん剤などで治らなかった舌ガン、咽頭ガンなど9人の患者を対象に治験が行なわれ、3人はガンが消失し、1年以上たった現在も生存。4人はガンが縮小し、1人は変化がありませんでしたが、1カ月半から半年後に死亡。1人は治験を途中でやめられたという結果でした。

そして、治療による重い副作用はなかったということです。

これから、日本での治験を年内に開始する方向で進めているようです。がんの新しい治療法が次から次へと開発されることは非常に喜ばしいことですが、早期実用化と高い治癒率、どんなガンにも適応できるものを望みたい。

ながらがわ気功院では、ガンの気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

IMG_NEW_0003 - コピー

ながらがわ気功院の気功は、疾患部に発生しているマイナスの気を取り除くことで、病気を改善していく治療法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■□■ 下記の症状や病気の方も相談受付をしています。ほとんどの症状や病気に施術可能です。

【頭部】頭痛、認知症、てんかん、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、パーキンソン症候群、くも膜下出血、顔面神経麻痺、三叉神経痛、アルツハイマー病など

【目・耳】眼精疲労、仮性近視、白内障、めまい、緑内障、ドライアイ、突発性難聴、耳鳴り、メニエール病、網膜剥離、中耳炎など

【鼻やのど】アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嚥下障害など

【気管支や肺など呼吸器】肺気腫、気管支ぜんそく、気管支炎、睡眠時無呼吸症候群など

【心臓血管系】狭心症、心筋症、心筋梗塞、不整脈、高血圧、低血圧、大動脈瘤、静脈瘤、高尿酸値症、高脂血症など

【消化器系】逆流性食道炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃痛、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍、便秘症、下痢、胃がん、大腸がん、直腸がんなど

【肝臓や胆のうやすい臓】急性肝炎、胆石症、慢性膵炎、糖尿病、肝硬変、肝臓がん、胆のうがん、膵がんなど

【腎臓や前立腺や膀胱】ネフローゼ症候群、腎結石、腎不全、前立腺肥大、頻尿、尿失禁、腎がん、慢性腎炎、膀胱がんなど

【整形系】肩こり、むちうち、四十肩、五十肩、腱鞘炎、捻挫、坐骨神経痛、側弯症、顎関節症、腰痛、骨粗鬆症、手足のしびれ、頚部・腰部・ひざの痛みなど

【婦人科系】 生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、乳がん、子宮頸がん、子宮体がんなど

【心療内科系】 不眠、躁うつ病、統合失調症、自律神経失調症など

【予防】 脳梗塞・心筋梗塞・認知症の病気予防、がん再発予防、健康維持など

【その他】 慢性疲労症候群、風邪症候群、リウマチ、膠原病、貧血、甲状腺機能障害、更年期障害、不妊症、勃起不全、薬の副作用、末期がんの痛みなど

※なかでも「心臓血管系」「心療内科系」の病気は高い改善率を誇っています。
(×施術できない病気……緊急を要する疾患/外傷系の疾患/感染する病気(インフルエンザ、はやり目、風疹など)/風土病など)

■□■来院対象エリア
【愛知県】
名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村
【岐阜県】
岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、岐南町、笠松町、養老町、垂井町、関ヶ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、北方町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町、白川村
【三重県】
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市、多気町、明和町、大台町、伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、南伊勢町、大紀町、伊賀市、名張市、尾鷲市、紀北町、熊野市、御浜町、紀宝町

最新医療情報「花粉症対策について-6」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年8月号を発行しました(その2)

8月号の話題は、健康情報「最後の温泉に入湯して」、最新医療情報「花粉症対策について-6」、気功講座「あらゆる病気が治療の対象」です。

今日は、最新医療情報「花粉症対策について-6」をご紹介します。

最新医療情報201606「花粉症」

最新医療情報「花粉症対策について-6」

花粉症対策について学んでいきたいと思います。

~出典:厚生労働省ホームページ花粉症Q&A集を編集~

Q15.花粉症がひどくならないためには?
→睡眠を良くとること、生活習慣を保つことは、正常な免疫機能を保つために重要です。風邪をひかないこと、お酒の飲みすぎに気をつけること、タバコを控えることも鼻の粘膜を正常に保つために重要です。

Q16.花粉症の人がかかりやすい病気は?
→花粉症はアレルギーの病気なので、同じアレルギーである喘息や通年性のアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などになりやすいと考えられています。

Q17.花粉の季節でなくても花粉症の症状がでることは?
→スギ・ヒノキ花粉症では2月から5月以外に10月から11月にごく少量の飛散があって軽い症状が出ることがあります。イネ科の花粉症は6月から8月、ブタクサの花粉症では8月から10月に症状が出ますが、そのほかの季節で鼻の症状が出るときには花粉症以外の鼻炎も考えられます。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「あらゆる病気が治療の対象」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年8月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「花粉症対策について-5」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年7月号を発行しました(その2)

7月号の話題は、健康情報「”富吉温泉”42年の歴史に幕か」、最新医療情報「花粉症対策について-5」、気功講座「あらゆる病気に作用する医療気功」です。

今日は、最新医療情報「花粉症対策について-5」をご紹介します。

最新医療情報201606「花粉症」

最新医療情報「花粉症対策について-5」

花粉症対策について学んでいきたいと思います。

~出典:厚生労働省ホームページ花粉症Q&A集を編集~

Q12.花粉症の診断はどうするのですか?

→花粉症の診断は、花粉飛散時の症状の有無と血液中にある花粉に対する抗体の存在で診断されます。さらに、耳鼻咽喉科では鼻の粘膜を直接みて、アレルギーの反応を観察します。

Q13.早く治療すると、メリットがあるのですか?

→花粉症の症状が起こりはじめたごく初期では、鼻粘膜にまだ炎症が進んでおらず、この時期に治療を開始すると粘膜の炎症の進行を止め、早く正常化させることができるため、花粉症の重症化を防ぐことができます。

Q14.花粉症が発症したら、何科に行けばいいですか?

→鼻の症状がひどい場合は耳鼻咽喉科、目の症状がひどい場合は眼科をお勧めします。内科、小児科、アレルギー科などでも診療が受けられます。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「あらゆる病気に作用する医療気功」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年7月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「花粉症対策について-4」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年6月号を発行しました(その2)

6月号の話題は、健康情報「岐阜県の”海津温泉”を訪ねて」、最新医療情報「花粉症対策について-4」、気功講座「ガン治療”様々な症状を取り除く」です。

今日は、最新医療情報「花粉症対策について-4」をご紹介します。

最新医療情報201606「花粉症」

最新医療情報「花粉症対策について-4」

花粉症対策について学んでいきたいと思います。

~出典:厚生労働省ホームページ花粉症Q&A集を編集~ 

Q10.花粉症になりやすい人はいるのですか?

→アレルギー疾患をもっている方は、アレルギーのない人に比べて、花粉症になりやすいと考えられています。

Q11.花粉症にならないためにはどうすればよいのですか?

→大量の花粉に出会うと、体が花粉に対する抗体を産生する可能性が高くなります。

スギに対する抗体をたくさん産生すると、何らかのきっかけでスギ花粉症を発症しやすくなります。

花粉になるべく接しないことが重要なことです。マスク、メガネ、帽子などは有効です。

洋服は、表面がすべすべした綿かポリエステルなどの化学繊維のものには花粉が付着しにくく、付着した花粉の吸い込む量を減らすことが期待されます。

また、洗顔やうがいをこまめに行ない、付着した花粉を落としておきましょう。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「ガン治療”様々な症状を取り除く」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年6月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「花粉症対策について-3」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年5月号を発行しました(その2)

5月号の話題は、健康情報「冷え性に効く温泉はココがお勧め」、最新医療情報「花粉症対策について-3」、気功講座「ガン治療”増殖を抑える技法”」です。

今日は、最新医療情報「花粉症対策について-3」をご紹介します。

花粉症

最新医療情報「花粉症対策について-3」

花粉症対策について学んでいきたいと思います。

~出典:厚生労働省ホームページ花粉症Q&A集を編集~

Q7.花粉症と間違えやすい疾患は何ですか?

→花粉症は季節的にも風邪の流行する時期に重なります。このため、発症の初期ではくしゃみ、鼻水が症状として同じことがあります。

Q8.小児花粉症の有病率はどの程度ですか?

→全国を対象にした疫学調査が2002年に全国を対象として疫学調査が行われ、15歳以下の小児の花粉症は10.2%で、0-2歳が0%、3歳から5歳が4.5%、6歳から9歳が10.5%、10歳から12歳が12.1%、13歳から15歳が15.1%でした。

Q9.花粉症があると口の中が痒くなることがあるのは本当ですか?

→口腔アレルギー症候群、別名、果実野菜過敏症とも言われています。その名前のとおりある種の果物や野菜を食べると口の中が痒くなるのです。最も多い果物はリンゴとサクランボです。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「ガン治療”増殖を抑える技法”」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年5月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「花粉症対策について-2」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年4月号を発行しました(その2)

4月号の話題は、健康情報「美人の湯という名の温泉が岐阜に」、最新医療情報「花粉症対策について-2」、気功講座「ガン治療”NK細胞の活性化”」です。

今日は、最新医療情報「花粉症対策について-2」をご紹介します。

sugi_kafun.png3

最新医療情報「花粉症対策について-2」

花粉症対策について学んでいきたいと思います。

~出典:厚生労働省ホームページ花粉症Q&A集を編集~

Q4.スギ花粉症は日本にしかないのですか?
→スギは日本特有の木で、ほとんど日本だけだと考えてよいでしょう。

Q5.花粉飛散量は年々増えているのですか?
→近年、戦後に植えられたスギの木が大きく成長し、潜在的な花粉生産能力が高い状態になっています。また、気象の温暖化の影響で花粉は多く産生されるようになっているとも言われています。

Q6.花粉症の患者さんはどのくらいいるのですか?
→日本において花粉症を有する人の数は、正確なところ分かっていませんが、全国の耳鼻咽喉科医とその家族を対象とした2008年(1月~4月)の鼻アレルギー全国疫学調査(馬場廣太郎、中江公裕:鼻アレルギーの全国疫学調査2008(1998年との比較)-耳鼻咽喉科医とその家族を対象として-Progress in Medicine 28(8):145-156.2008)において、花粉症を有する者が29.8%であったとの報告があります。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「ガン治療”NK細胞の活性化”」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年4月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「花粉症対策について-1」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年3月号を発行しました(その2)

3月号の話題は、健康情報「名古屋で”美肌の湯”を探して」、最新医療情報「花粉症対策について-1」、気功講座「ガン治療”細胞分化促進の技法”」です。

今日は、最新医療情報「花粉症対策について-1」をご紹介します。

sugi_kafun.png3

最新医療情報「花粉症対策について-1」

花粉症対策について学んでいきたいと思います。

~出典:厚生労働省ホームページ花粉症Q&A集を編集~

Q1.花粉症の正体は何ですか?→花粉症は、花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応で、体の免疫反応が、花粉に過剰に反応して花粉症の症状がでます。

Q2.花粉が鼻や目にはいると、どうして発症するのですか?→体が花粉を外に出そうとするために、「くしゃみ」で吹き飛ばしたり、「鼻水」「涙」で花粉を洗い流そうとするのです。

Q3.どんな花粉がいつ飛ぶのですか?→関東地方では、2月~4月にスギ花粉、4月~5月にヒノキ花粉、6月~8月にカモガヤなどのイネ科花粉、8月~10月にブタクサやヨモギなどの雑草類の花粉が主として飛散します。また、北海道と本州の一部では4月~6月にかけてシラカバが飛散します。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「ガン治療”細胞分化促進の技法”」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年3月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「花粉症の治療について」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年2月号を発行しました(その2)

2月号の話題は、健康情報「皮膚病に効く?温泉」、最新医療情報「花粉症の治療について」、気功講座「ガン治療に必須”剣の技法”」です。

今日は、最新医療情報「花粉症の治療について」をご紹介します。

sugi_kafun.png3

最新医療情報「花粉症の治療について」

2月に入り、今年もスギ花粉症が発生する時期がやってきます。くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、目のかゆみや充血など不快感に悩まされる方も多いでしょう。

治療には、対症療法(花粉症の原因に対してではなく、その時の症状を軽減するために行なわれる治療法)と根治療法(花粉症の完全治癒を目指して、その原因そのものを取り除こうとする治療法)の2つがあります。

対症療法は、皆さんもよく御存知だと思いますが、点鼻薬や点眼薬、内服薬により症状を和らげるというものです。

根治療法には、アレルゲン免疫療法、舌下免疫療法があり、アレルギーの原因物質に対して免疫をつけ完治を目指していくというものです。

また、将来期待されている免疫療法にペプチド免疫療法、アジュバンド免疫療法、LUMP免疫療法があります。

このように花粉症の治療法は、どんどん新しい研究が進められています。

ながらがわ気功院では、花粉症の気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「ガン治療に必須”剣の技法”」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年2月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。

最新医療情報「ポリフェノールが乳ガン防ぐ」|ながらがわ気功院(愛知県弥富市)

ながらがわ気功院だより2016年1月号を発行しました(その2)

1月号の話題は、健康情報「放射能泉はガンに効く?」、最新医療情報「ポリフェノールが乳ガン防ぐ」、気功講座「ガン治療への取り組み」です。

今日は、最新医療情報「ポリフェノールが乳ガン防ぐ」をご紹介します。

20130617095459

最新医療情報「ポリフェノールが乳ガン防ぐ」

乳ガンには、女性ホルモンであるエストロゲンを阻害する薬剤を使ったホルモン療法が有効です。

しかし、この治療を行なった後に治療の効きにくい耐性をもったガンが再発するという大きな問題がありました。

熊本大学発生医学研究所は、この問題である原因とメカニズムを解明しました。さらに、ポリフェノールの一種である「レスベラトロール」を投与すると、耐性をもったガン細胞の増殖を抑制することが分かりました。

この研究は、熊本大学と九州大学の共同研究によるもので、科学雑誌「Nature Communications」に掲載されました。

乳ガンは女性がかかりやすい部位の第1位にあり、再発や転移が多いことから新しい治療法につながることを期待したいと思います。

ながらがわ気功院では、乳ガンの治療および再発防止のための気功治療を行なっています。気軽にお問い合わせください。

明日は、気功講座「ガン治療への取り組み」をご紹介しますのでご期待ください。

なお、ながらがわ気功院だより2016年1月号が欲しい方は、ホームページ中のメールでお問い合わせから申し込んでください。

ながらがわ気功院 上田でした。